保湿が有効な理由とは

ステロイドや免疫抑制薬など、比較的作用の強い薬が治療薬となるアトピーなだけに、保湿はあまり期待できないように感じるかもしれません。ですが、実際は有効なケア方法となります。その理由や、おすすめのケア方法などを紹介します。

まず、なぜアトピーに保湿が有効であるかです。これには、アトピーのメカニズムが深く関わっています。アトピーは、乾燥肌になっているとき誘発されやすいといわれています。医療研究において、アトピー性皮膚炎が発症した皮膚は多くの場合、皮脂や角質細胞間皮質、天然保湿因子といった保湿成分が欠乏している状況にあったという結果が出ているそうです。

皮膚における潤いは、バリア機能の役割を果たしています。皮脂がダニや花粉・チリ・ハウスダスト・カビといった浮遊物による刺激を防ぐことで、健康的な肌を維持しているのです。ところが皮膚が乾燥してしまうと、これらからの刺激を直に受けやすくなってしまいます。これにより、アトピーが進行しやすくなるのです。

その点、保湿が日ごろからしっかりできていれば、まず乾燥肌を防ぐことに繋げられます。同時に、バリア機能を守ることにもなり、アトピー防止へも繋げられるというわけです。治療の難しいアトピーと手軽なスキンケアである保湿は、一見理想的でないようにも思えるかもしれませんが、決してそうでもないのです。