アトピーの特徴

アトピーは、いわゆるアトピー性皮膚炎という症状の略称となります。一般的な吹き出物やかさつきなどの肌トラブルと異なり、かゆみのある湿疹が生じるため、かゆさ、そして見た目において辛く感じられます。治療が難しく、一旦治まったと思っても定期的に再発するなど、兆候が見られる人は長きに渡り悩まされるのが特徴的です。中には6ヶ月以上続き、慢性と判断されるケースもあるほどです。

さて、症状が長引きやすいということは、同時に治療しにくい肌トラブルであるともいえます。治療法はステロイド外用薬が一般的となっており、ステロイドのリスクも考えつつ続けなければならないため、不安視されるケースも少なくありません。ですが近年は免疫抑制の効能を有するステロイド以外の外用薬が処方される場合も増えてきており、安全性は高まりつつあるようです。

湿疹といってもいくつかの状態が考えられますが、アトピーの場合はどのようなものになるのでしょうか。主には、赤みやじゅくじゅく感、刺激が加わることで液体が出てくる、皮のかさつきが現れるなどです。また長引いてしまうと、患部がごわごわと盛り上がり、目立つ外見になってしまうケースも特徴的です。さらに困ったことに、目や口まわり、額といった顔の目立つ部分にも現れやすいです。次項より紹介する保湿ケアで、日ごろから対策することが大切です。